毎日食べるものだから

ペットの健康維持のために、ペットフード選びを慎重にすることはとても大切です。ペットは人間とちがい、毎日毎食、同じペットフードを食べて過ごします。ペットフードは種類をコロコロ変えない方がよいといわれていますから、良質なものを選びたいものです。

ペットにはできるだけ良質なものを与えたいですが、経済的な問題も出てきます。ペットフードは安くても比較的良質であるものもあります。それほど高級でなくても、ペットの体に合ったものが選べればよい、という見方もあります。逆に、良質で高級なペットフードでも、ペットにアレルギーがあるなど体質次第で体に合わないものもあります。

ところで、ドッグフードが犬の体に合っているのかどうか、どうすれば見分けることができるのでしょうか?まずひとつ目安になるのは毛並みです。ドッグフードできちんと栄養が取れていると、毛並みが良くなります。また、アレルギーの有無は皮膚に表れることが多いので、毛をかき分けて頻繁に皮膚の状態をチェックしましょう。

さらに、目やにが出ている、涙や毛がひどいなどの場合もドッグフードが合っていない可能性があります。特に、ドッグフードに含まれるたんぱく質が合っていないとそうなりやすいので気を付けてあげましょう。また、健康的なウンチが出ているかどうかも目安になります。

ドッグフードは犬の基本的な食事です。体を作るものです。ペットの体に合った、良質なドッグフードを見つけましょう。